税金!!

復興増税、所得・法人税で…酒・たばこ税見送り
読売新聞 8月16日(火)3時14分配信

 政府は、東日本大震災の復興財源などを確保するため行う臨時増税の対象について、
所得税と法人税を軸とする方向で最終調整に入った。

 2012年度からの増税を想定しており、必要な増税額は13兆円規模に上る可能性がある。政府は酒税やたばこ税の増税も検討していたが、業界との調整が間に合わないと判断し、見送る方向だ。

 政府税制調査会が月内に所得税と法人税を軸とした複数の増税案をまとめ、
政府の東日本大震災復興対策本部に示す予定だ。


今日のヤフーニュースである ボンクラ民主党が (自民党だから良いわけではないが)
また 思いつきの増税 まあ 政府ちゅうのは 誰がやっても同じですが
大阪の橋下知事は 良くやってるんではないかと思う

こないだの話の続く・・・・・なのだが・・・・

基本 財源が無いのを どうかしなければ となると 家の事 おコずかいに例えてみる・・・・

まず ぜいたく品の辛抱 ブランド物だったり 車っだったり 残念ですがバイクなんか一番の直撃

また 食べる物だったりとか はたまた 家賃とか水道光熱費まで 見直しになるでしょうが・・・・


政府の人は 増税と言う切り札 家庭でいえば収入を上げますよと言うことをいとも簡単にできる

まずは 色んな払いものを少なく また 自分たちも辛抱すべきです

クズ人間(さきに書いた・・保護や福祉の 搾取者の徹底調査)誤解がありますが ほんとに必要な方は別です

しかし 保護のお金も多すぎるような気もします 

更に 税金滞納者の厳罰化 差し押さえなど・・ 

恥ずかしながら 僕も創業から10年間位 国民健康保険を 遅れ遅れ払っていましたが 当初ほんとに厳しく

メーカーなんかの支払いが遅れると 取引停止になったりします 
       やはりペナルティの甘いとこが後回しになります  

でも5年目以降は実は 払える経済状況になりましたが 遅れている分は 払い込みませんでした

なぜならば ごめんなさい もったいないから しかも 何も不自由がないからです

やっと平成10年以降保険書の色が変わったり(滞納者と分かるように)電話がうるさくかかってきたり

しかししかし 民間のそれと比べれば 甘いものでした 

ええ もちろん 今は全部払っていますよ 市もちゃんと発表しないけど 60%位の回収率らしい

更に 時効で消えているのはどんだけあるんだろう・・

治安は悪くなるだろうけど 働かない若者に一人前の人権をやらない事・・・

僕の考える 若者の規制 (健やかなるもの前提ですよ・・・)

22歳まで学生でなければ 収入の無い人 もしくは貯蓄100万円無い人には免許やらない
 もちろん自動車 単車は不可 原付は認める

1000円以上の外食を禁ずる(もちろんアルコール 煙草もダメ)

携帯電話は この時代なので譲歩して メール機能インターネット機能の無の物 通話は 一定金額の制限

床屋は政府指定の散髪屋 1000円カットのようなところ・・・


そうすりゃ働きますよきっと・・・・

だいたい子供以上の人権はいらんでしょう 日本の未来の為に勉強を課せられている子供は 将来の社会貢献の為ですが 社会貢献しない屑に それ以上の権利は 必要なし

是は 昨今の うちの 雇用事情ですが 3カ月の見習い期間を設けます

出来る出来ないは二の次で 1日しか来ないの 1週間しか来ないの 進んで何もしようとしないの

正直 金まで払って雇えない クズが 沢山いました ・・・・あの子たちは 何処??

最低労働賃金も 上げすぎですね あんな子供を働かすには そんな金額払えません


更に刑務所の システムの変更 全ての健康な囚人は トンネルや道路の作業に従事させること
労働時間は 10時間 足かせ付きで GPS付き 逃げたければ 足でも切りなさい
過ごしやすいから 進んではいる 浮浪者もあると聞く 人件費の削減と生産性で一石二鳥
重い刑の人は 危険なとこに配置 遠洋のマグロ船だったり 今なら 原発に 人権はいらないので
マスクぐらいで上等 死ねばそこまで ・・基本人権は やらなくて良い 途上国の貧しい人たちに
申し訳ないので

更にメリットは そんな厳しいのならと 犯罪の減少にも つながるだろうし 

法人税の話はまた今度



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その昔、バブルが弾けた頃、日本の企業は大規模なリストラを決断しました。
リストラされる人たちは賃金の多いベテランの方々が対象でした
彼らは、子供の教育費、家のローンなどお金が必要な時で、リストラするとは
彼らを自殺に追い込むに等しい事でした。リストラする方、される方ともに地獄で
あったそうです。そうした地獄を経験した後、企業はある時から若者の雇用を
やめるようになりました、こうすれば血を吐くような地獄を直接的には見なくて済みます。これが現代では公務員でも採用されてるやり方です、困ったときは若者を雇わない。
その結果ですが、企業には30代をメインに特定の世代が居なくなりました、彼らは氷河期世代とも言われてます。彼らは就職したくてもできません、そこで国は派遣法を改正します、正社員では無くパート扱いの社員を増やすことで無職を減らそうとしました。この方法は上手くいき、じょじょに働く若者が増えました。これで良いのならと企業は正社員を減らし、派遣社員を増やすことで人件費削減をしました。
派遣社員は即解雇が可能ですから、若者が将来を考えることが出来る就職口が
大きく減りました。これによって将来に不安を抱える多くの若者は、消費を抑えるような考え方になりました。若者がこの有様なら将来は危ういと年配の方も同じように考えるようになりました
。この結果、内需が減り、内需に頼る企業は回復する目処の立たない不況に直面してるわけです。このように書くと政治だけが悪いようですが、日本製品の国際競争力も落ちていて、企業のコストカットはいづれにしても必要な時代であったので
どの道、同じような結果を迎えたでしょう。
日本が海外のように暴動が起きてない理由は、正直誰にもわからないと思います
これから起きるかもしれませんが、しかし、起きてないのだから幸運だと思うほうがいいですよ。

No title

zeroさん こんにちは もっともな歴史です 日本の勘違いのゆるい文化の黄金期だったのでしょう しかししかし リストラはほんとに悪いか?残念ながら 100%ではなく システムも含め カットされた側の悲劇だけではないはずです その話討議は 明日か明後日でもネ!! 

不公平感・・・

最近は少しは安くなったそうですが・・・地方公務員の退職金は退職時の月給の60ヶ月分支給されます。退職金の原資は積み立て金では無く市債とか町債を発行して賄います。田舎町の役場でも2千万以上ですよ。おまけに退職時の月給を上げる為に無能な職員に意味の無い役職を付けたりします。退職金を貰った上に厚生年金まで支給されます。定年間際になり早期退職をすると退職金が割り増しになったり・・・本当に公務員の方々はお金に不自由しないようなシステムになっていますよ。
私自身も小さな整備工場をやっていましたが身体を悪くして廃業する時、工場内設備・機器のリース代金の精算とか色々な事にお金が必要で金銭的に追い詰められた事があります。
同じリストラでも一般的な会社と公務員とでは天と地ほどの差があります。公務員は「身分が保証されています!」
プロフィール

バイク屋店主

Author:バイク屋店主
好きなものは缶ビール 当年とって51歳 創業25年のバイク店 たわいもない 毎日を日記のつもりで 書いております 同級生は マッチ 三原順子 杉田かおる ヌクミズさん 父と母の大きな愛をうけ 片田舎の農家の長男として 東京オリンピックの年に生まれました 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード